生協

生協 主婦の活動

2008年11月12日 (水)

キャセイ食品、生協10連合会でも…G生協も。

キャセイ食品の国産偽装が発覚した。

そして、11月11日の朝日新聞で、日生協連合会に加盟する全国13連合会のうち10連合会が同工場の製品を販売していたことがわかったという記事が掲載された。

どの製品に中国産野菜が混入していたか、農水省の発表をみて、自主回収などの対応を決める連合会もある。関東1都7県に販売網を持つコープネット事業連合は「九州産」と銘打って冷凍オクラなど7製品を販売。ブロッコリーや豚汁用野菜ミックスなど3商品は、マルハニチロ食品がキャセイ食品に製造委託した商品だった。関東1都8県が商圏のパルシステム生協も10商品を扱い、4商品はマルハニチロ食品ブランドだった。コープ九州事業連合は地域生協のPB(独自企画商品)として、キャセイ食品に製造委託した豚汁用の野菜ミックスを売っていた。中四国で展開するコープGSネットと西日本中心のグリーンコープ連合(…ん?今は共同体では…?)もキャセイ食品の冷凍野菜を扱っていた。生協関係者は「国産の冷凍野菜を大口で扱う業者は少なく、キャセイ食品は貴重だった」と話した。キャセイ食品の役員は10日、産地偽装を認め、「本社の管理が不行き届きだった」と述べた。また、同社は10日深夜、今年1~10月に仕入れた中国産の冷凍野菜9品目と米国産グリーンピースを「国産」「九州産」として8社に販売したと発表。中国産9品目中、自社調査でサトイモ、インゲン、アスパラガス、ブロッコリー、カリフラワー、きぬさや、オクラの7品目が確認できたとしている。一方、マルハニチロ食品の柳三男常務は「世間をお騒がせしたことをおわびします。長年付き合ってきたが、裏切られた気持ちです」と述べた。同社によると、年1回、品質管理担当者が工場内を視察するなどの専門的な監査のほか、年5~6回程度、仕入れ担当者が伝票をチェックするなどしていたが、偽装を見抜けなかったという。

12日の今日、グリーンコープのホームページに以下が掲載されていた。

お詫びと知らせ
冷凍「九州産ブロッコリー」は、中国産が混入している
可能性があり、お届けを中止させていただきます。

一、本(2008)年11月9日(日)から11日(火)にかけて、次のような報道がなされています。

キャセイ食品(東京)が、中国産の冷凍野菜を国産と偽って販売していたことがわかった。同社はマルハニチロ食品(東京)の冷凍野菜商品の製造委託なども受けており、産地偽装された一部商品が流通した可能性が高い。農林水産省も調査しており、近くJAS法違反で改善を指示する。

工場はキャセイ食品の長崎工場。2001年ごろから、中国産と国産を混ぜ「国産」「九州産」として出荷していた。商品は、サトイモ、インゲン、ブロッコリー、カリフラワー、オクラなどがあるという。

キャセイ食品の社長は10日記者会見し、国産として販売した冷凍野菜の一部に中国産を混ぜていたことを明らかにした。

二、グリーンコープでは、報道されているキャセイ食品の「九州産ブロッコリー」をマルハニチロ食品を通して、2002年3月から取り扱い、組合員の皆様にお届けしていました。

(1)本(2008)年10月31日にグリーンコープは、取引先であるマルハニチロ食品より、「『九州産ブロッコリー』の製造メーカーに農林水産省の立ち入り調査が実施された、調査の目的・内容については明らかにされていない」との連絡を受けました。そこで、グリーンコープは、商品の内容に疑いが発生する可能性があると考え、直ちに取り扱いを中止しました。グリーンコープが取り扱っているキャセイ食品の製品は「九州産ブロッコリー」のみです。

(2)32号(11月3日~8日)配達において、ご注文いただいた組合員の皆様には「欠品」とさせていただき、「メーカー事情によりお届けできません」旨ご案内させていただいています。以降の取り扱いも中止します。

(3)また、取引先からの報告以降、農林水産省の調査によって記録帳票類の調査・確認ができない状態となっており、グリーンコープが取り扱っている「九州産ブロッコリー」に何か問題があるのかどうか、グリーンコープが調査・確認できない状態です。

(4)今後、グリーンコープが調査することが可能となった段階で調査を行い、組合員の皆様にご報告させていただきます。なお、中国産が混入している可能性があることがわかりましたので、ご家庭に「九州産ブロッコリー」がございましたら、お手数をおかけしますが、所属生協までご連絡をお願いいたします。回収・返金させていただきます。また、過去お届けの商品に関しても、今後調査を行って、わかり次第、返金等の対応をさせていただきます。

(5)製品検査について、グリーンコープでは自主検査(残留農薬等)を行います。結果は別途にご報告いたします。なお、取引先からは、「年1回の残留農薬検査、および、製造の都度、一般生菌数検査を行っており、問題ない」との報告を受けています。

以上、組合員の皆様にはご心配とご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。

まずは、現時点で把握している内容を組合員の皆様にご案内させていただきます。調査の詳細は、別途にご報告させていただきます。ご了承いただきますよう、宜しくお願いいたします。また、「九州産ブロッコリー」以外の冷凍野菜商品についての調査を開始しています。その結果についても、別途にご報告させていただきます。

流石に対応が早く、組合員に対しての情報開示もきちんとなされいている。グリーンコープの情報開示というこのスタンスは、私は良心的だしほんものだと思っているし信頼している。

ただ、委託というところのこの問題は、今後どのように考えていくのだろうということが頭をよぎった。というのも、委託先でのこのような問題は今後も高い確率で起こり得る問題だと思うからだ。

以前も(もう定かではないのだが)、産直ではなく特産として取り扱っている阿波尾鶏で問題(これは何だっけ餌の問題だっけなぁ、忘れた)があった。ミートソース缶でも産地偽装の原料を使っていたことがあった。(してみると、こだわりのグリーンコープでさえも、結構いろんな問題に晒されてきたことがあるんだ!!)。 

阿波尾鶏問題の時、グリーンコープは、産地(会社でもなんでも)が故意(確信的に)に隠そうとしていることを見つけ出すのは非常に難しいと苦しい言い訳をしていた。

今回のように、問題はいつかは発覚して情報開示やら対処やらするのだろうが、(そして、それは組合員に支持されるのだか)、それまで問題の商品を使ってきた事実を消すことはできない。今回のブロッコリーだって、食べたくないのに中国産を食べてしまったかもしれない組合員は実際に存在するかもしれないのだから。

グリーンコープは添加物排除、Non‐GMO、ポストハーベストフリー、そして外国産よりも国産にこだわっている。なら、尚のこと。委託先で起きてしまう、こだわりのG商品を貶めるような偽装問題に、おきてから対処という泥縄ではなく、根本的な解決方を探っていってほしいのだけど。

つまり、委託先に目が届かないのは当たり前なんで、目が届くようにするためにはどうすればいいのか…。

ただ、う~ん…実際問題として委託しないということは経済的にも物理的にもできないのは分かっている。

分かっているが、そこが根本的に問題であると認識していてほしいと思っただけだ。

言及してほしかっただけだ。いらぬ混乱を巻き起こすとわかってはいても。

他の冷凍食品も調査すると言っているだけでは、グリーンコープの名が廃るって、期待抱きすぎだろうか…。

ただね、職員や理事の間ではきちんと議論がなされているのだろうが、一般組合員だって、情報開示と回収・返金以外の対策をどう考えているのか知りたい人だっているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

生協

生協

先日、久しぶりに生協で活動している友だちとランチした。バリバリの活動主婦の彼女と私と、私同様生協活動から離れた友だちと3人で。子どもの教育費のことやら不景気のことやら話はつきず(話題が暗かったにもかかわらず)とても楽しかった。そのついでではないが、生協の話題ももちろん出た。

組合員活動から離れると生協商品の利用が落ちる。

前に書いたが、お客さん組合員が増えると生協の「安心」「安全」は市場の価格と競争しなければならなくなる。「安心」を買うか安さを買うか。産直や「安心」や国産という言葉は市場にも溢れ、知識がない私たち消費者はその言葉だけで安心して選んでしまう。G生協の「安心」「安全」な農産物と市場の農産物の違いってどんなものなのか、組合員に啓蒙し続けていかなくてはG生協の利用って伸びていかないだろうな、この不景気真っ只中の日本では。

組合員活動をしていると、G生協の「安心」「安全」な商品についての情報はあるし、添加物や遺伝子組換えや環境ホルモンの怖さやら産直の良さやら啓蒙されるので利用は増える。でも、活動から離れたり商品を買うだけの組合員だったりすると情報が届かないから市場のいろんなものも手にとってみるようになるのね。だって無農薬と農薬使用の野菜の違いなんて情報を頭に入れない限り見えないものね。

拡大路線をとって、たくさんの組合員を増やしているG生協。新規組合員の利用と活動に参加しないお客さん組合員の利用はどう増やすのかね。でも、そんなこと盛り込み済みで動いていると思います。トップはもちろん賢いおえら方ですものね。

G生協はこだわりの農畜産物を提供する。G生協の農畜産物はある意味特殊だ、てかクオリティが高い。野菜でいえば、日本の農薬基準を遵守し、その上で出来れば減・無農薬。野菜においては発がん性、環境ホルモンの疑いのある農薬不使用、除草剤不使用。G生協の野菜生産者は素晴らしい考え方と農業技術を持っていると思う。でも、そんなこだわった生産も提供も生協という性質の小さな組織だから出来ることではなかろうか。

今の日本の農業の危機的状況を打破するためには日本という国全体で農業の保護政策を講じなければ解決しない。日本全体で国産にこだわる。

…前に、日本の農薬基準を遵守していれば大丈夫、あおるなとたかじん委員会で三宅さんが言っていたことに、でも無・減農薬農産物は栄養も違うし美味しいし、子どもたちには「安心」「安全」を食べさせたいと書いた。今でもそう思ってはいるけど、日本の農業全体を考えたら、とにかく遵守している農産物であれば良しとし、農業従事者とか農地への助成とか農業保護政策を至急やっていくべきなんじゃなかろうかと思えてきた。G生協の生産物や商品のクオリティは生協という閉ざされた内部だけの売買だから守られてきたってこともある。

日本の供給を賄うこと、自給率を上げることを考えたら日本全体で特殊な理念にこだわっていくことは不可能でしょうね。

G生協は存在意義があるし、素晴らしい理念と素晴らしい生産者を持っている。組織の外側に向けて広がっていったらとても理想だと思う。

でも、理想は理想であり、現実問題は理想を打ち消すほど深刻だ。国という単位の中で日本人全体の問題として日本の農業と全部の生産者が生き残れるような広い解決が必要だろうな。

G生協は生協で理念に則っていけばいい。でも、生協でだけであれやこれやこだわっていてもそのこだわりを発信していく発信力がないとどこにも響かない。G生協は信ずるところを歩いて行けばいいけど、日本の農業のためには、私はもっと広く緩やかにものごとを見ていかんばいけんじゃないのか、と。

でも、私は、やっぱり、G生協商品と生協のこだわりを愛しています。

にも係わらず、利用は落ちている。最低限これだけは!というもの以外市場を利用するようになってきた。最低限これだけはっていう商品は「調味料」「豚肉」「鶏肉」「野菜」…えっ!これだけ??? 調味料は添加物入ってないし、値段の割には本当の味がするから。味噌美味しいし、だし美味しいし、醤油美味しいし、お酢美味しいし、砂糖美味しいし、塩美味しいし…美味しいし…。豚肉は香りがよくて美味しくて生協のカルチャーショックだったから今も外せない。鶏肉も市場のは臭くて食べられない。野菜は時々JAに行ったりするからもしかしたらもう時間の問題かもしれない。もともと魚は魚屋さんで近海ものを買っていた。牛肉はお高いので市場でもめったに買ったことない。リサイクルトレペやティッシュボックスは活動辞めて市場価格に負けた。卵も市場で良いものを見つけた。牛乳もビンが不便で止めた。酪農生産者がどんなに大変かわかっているが、活動辞めて生産者が遠くなり、高価格や不便さが止めた原因になった。やっぱり利用は確実に落ちる。

新規さんやお客さん組合員の利用を促進すること、活動辞めた組合員の利用を落とさないような対策を講じること、必要なんではないかい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

主婦と活動…

主婦と活動…(あ~近所の草刈り機の音がうるさい!!!)

先に主婦がいろんなことにトライしているっていた。パートやアルバイトや正規のお仕事をしておられる主婦の方は賃金労働なので、収入度外視の専業主婦の活動とは違うとここで書いておきます。

専業主婦に限って言えば、ほんとにちょこちょこと、または持てる力を駆使していろんなことにトライしている人たちが多い。もちろん専業主婦なので、家計の経済基盤はだんなの稼ぎ。

私も知人とクラフト工房なるものをしている。クラフト工房はクラフトテープ(いわゆるエコクラフトなんだけど、エコクラフトというのはハマナカの登録商品なので公で使うとハマナカからなんか言ってくるよ)で作るクラフト商品の製作販売と教室。3人で立ち上げて15カ月たっても、維持していくだけで手いっぱいの収入デス。販売についても製作時間を考えたらほんとのところ見合っていない。だんなの稼ぐお金をそちらに回さないだけでも良しとする程度。そこで私は事務方と多少の制作を受け持つ。

知り合いの知り合いにホテルにおろすパン製作の傍らオーガニックの商品などを置いた喫茶店を営んでいる人がいる。一人で自由気ままに営んでいるが、10年以上続けて7けたのお金をつぎ込んでいるとのこと。スタンスは憩える場所。資金は当然旦那の稼ぎによるのだろうが、もちろん!よけいなお世話だが、見合う収入はあるのだろうか。…ただ、そんな喫茶店を経営していてもびくともしない資金源はあるだろう。

でこだわり野菜を使った料理屋を営んでいる人たちもいる。ここもほとんど多分儲けがない。賃金なんて現物支給のことも。

儲けがないというより儲けなくてもいいというスタイルかな、先の喫茶店も料理屋クラフト工房も。

…このクラフト工房、ほんとは本格化しようとすればできる要素をたくさん持っている。のよ。ただ、そのためには、家庭を犠牲にして旦那の稼ぎをある程度つぎ込んでいかなければならなくて、天秤にかけた結果、私にはそこまでの価値が見出せなかった。スタンスとしてお手伝いに毛(ちょっと剛毛ね)の生えた関わりをしていきたい。私のしたいことは他にあってそっちにシフトしたいから。

もちろん、NPOをしている知り合いもいる。

主婦で賃金労働をしている人は収入というはっきりした目的で働いているけど、収入に結び付かないそんな活動をしている主婦はなぜ、そんなことをしているのだろう。

儲けなくていいと思っているわけではなかろうと思う。NPO以外は、できれば自分のしていることで収入を得たいと思っているだろうけど、経済基盤がある以上、家庭や自分の環境を壊してまで収入に走らなくてもいい、と。家庭も経済基盤も自分のやりたいことも無理なくできる範囲でということか…。それは、生きがいみたいなものか?

家庭という内世界から社会という外社会に、主婦ではない自分を発信したいのか? 主婦という立場を保持しながら。

私に限って言えば、私は収入がほしい。パートしたいけど、旦那がパートを嫌がる。原因の一つとして、私が生協で組合員活動をしゃかりきになってしていた頃のようなしちゃっかめっちゃかな家事一般をしてほしくないのだろうというのは察しがつく。とりあえず今は普通の家庭並みの家事一般に戻ったので、波風は立てるなと。その気持ちはわかる…。でも、収入はほしいし、収入のための労働は厭わない。

ただ、切迫していない状況があって多分飛び出せないのと、別のしたい活動があってそちらにシフトするために頑張って今歩いている。その活動でできれば収入も得たい。

つまり、要するに、私も、私も、私も、活動する専業主婦なのだ…………………

……主婦の仕事は家事労働だけど、家事労働って果てしない繰り返しの作業で達成感ってないに等しい。あっても一瞬でしかない。オリジナリティもあまりない。興味のある人なら独創的にやれるのだろうけど、興味のない人も主婦と名のついた場所に立ってしまったら嫌でもやんなきゃならない。そんな主婦も多いんだと思う、多分。

今回も、おやじたちのことは一切無視して主婦目線で書かせていただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

生協

生協

先に、主婦がいろんなことにトライしているって書いた。パートやアルバイトや正規のお仕事をしている方は賃金労働なので省くけど、専業主婦の活動は、基本、旦那が稼いでくる経済基盤のうえに成り立っている。

生協の組合員活動をしている主婦も。私が長年していた某生協の組合員活動なんか特にそうで、経済基盤のしっかりした主婦のボランティアにちかい働きによって成り立っていた。

もちろん生協だって組織だから、正規の職員は正規の賃金労働だけど。商品利用を勧めたり仲間作りという拡大の一部を担うのは主婦組合員で、賃金ではない責任手当てを貰って活動をしていた。

ある程度大きくなるまでは、某生協は、そういう初期組合員の無償にも近い活動で支えられていた。

生協の3原則は「出資」「運営」「利用」なので、自分たちの組織を自分たちで運営していくという理念が初期組合員には確固としてあった。組合員主導だから、生協は。

でも、組織が大きくなるにつれ、ある意味個人的な組合員主権体制など成り立っていくはずもなく、職員主導の効率化運営で組織が統一され維持されていく。なにを今更っていわれるかもしれないけど、私のいた某生協はまだまだ組合員主権が良心的に残っていて、今でも大幅縮小ながら他の生協よりは組合員主権体制が残っているはずの生協だから。

でも、この不況を乗り切るには、効率化と経費削減がどの組織にも必要なはずなので、組織的に考えれば、職員が担えない小さな部分を主婦組合員が担えばいい。組合員活動は大幅縮小でもいいの。組合員を啓蒙し商品を利用に結び付けていく間接的な組合員活動は無用で、組合員を組合員ではなく、お客として扱う方が効率的だもの。

遅ればせながら私がいた某生協も生き残っていくために良心を置いといて効率化を選んだ。良いものを扱う某生協が残っていくのならそれもありでしょ。組合員がどういったって上層部職員がそう持っていっているのだもの。

多少の不便さとして、お客サン的組合員が増えた結果、買う買わないが、生協商品の「安心」「安全」と市販の価格との天秤で判断されること。「安心」「安全」の本当の意味、苦労が伝わりにくくなっていること。

長い目で見たときにお客サン組合員が増えたことの論議が必要になるでしょう。 

何年か前に、ある種の組合員に権力が集中している、特権化はNOという話が職員から提案された。この最近の組織再編の布石だったのだな。

……ただ、誕生期と成長期と成熟期で組織内での優先順位や組織そのものの方向性が変わっていくのは当たり前で。基本理念が変わらなければそれはほんとに当然の選択で。

某生協は自ら柔軟に変わることで変わらない生協になると唱える、うん、それで生き残りをかけるあなた方を見ているよ。がんばってほしい。なにせ、組合員主権をどういう形ででも残しながら「なに者か」に変わっていかなければならないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

お盆が終わり…

お盆が終わり…

ご先祖さまたちも叔父、叔母、従兄や甥っこもそれぞれの生活場所に帰っていきました。お互いに日頃の無沙汰と無事を分かち合い、今度はお正月ねって言いながら。年を経て少しづつ変わっていく私たちだけど、毎年変わらぬ集まりに揃うのって、いいなあ。年を重ねるごとにとみにそう思うようになってきた。来年も上から下まで変わらぬメンバーが揃いますように

今年もいつもと同じお盆だったけど、一つ違ったことは、甥っ子が生後2か月の赤ちゃんを連れてかえってきたことかなあ。かわいかった。赤ちゃんって見ててあきないなあ。親戚一同の集りに一つ未来が加わった。那奈ちゃん、これからあなたは始まるんだね

14日にお墓まいりに行きました。

どのお墓にも花とお線香、そして、日ごろは無沙汰しているであろう人たちのお参り姿。別々の場所で暮らしていても一年に何度か故郷という自分の原点に帰れる日がある。日ごろは生活に没頭して顧みないご先祖とか祖父母とか父母とかをチラリとでも思いだす日。自分の古を思い起こす日。かくいう私もそう!! 日本っていい国だ

あ~年をとってきたのかも~~~

最近のお野菜たち…

某G生協の会員です。無農薬と減農薬と国産、無添加にこだわる生協です。農畜産物の産地や生産者がきちんとわかる仕組みになっているし、生産者と組合員の交流も盛んだし…生産者と消費者の「顔と顔の見える信頼関係何」で成り立つ産直農畜産物を取り扱ってる。最近の食品偽証を見るにつけ、あ~G生協入ってて良かったと思う気持ちと、そんなことぜ~ったいないよと思いつつも大丈夫かG生協って気になっちゃってます。

思えば、自給率数十%のこの国で日本全体の食糧事情を賄っていると考えることの方がおかしなことで。昨今、中国食品問題で安全な国産品が見直されてきていて、巷には国産納豆、国産豆腐があふれかえってるけど、大豆の自給率数%で、そんなに国産納豆、国産豆腐、国産味噌がつくれるんだろうか??? うなぎもそう。うなぎのミステリー、国産大豆のミステリー。鶏肉も牛肉も、なにを信じて食べればいいっていうの!!

G生協は、国産野菜の中でも、無農薬・減農薬にこだわったものを産地と契約栽培し、組合員に提供している。畜産品もそう、抗生物質などの薬の不使用や飼料にもこだわっている。ただ、これからどうなんだろう、不況でいろんなものが高くなっている今、巷の買い控えが生協にも影を落としているだろうなあ。品質に比較した価格は高くないんだけど、値段のみを比べると高いかも。でも、最近は、値上げした市販より生協商品がお安いじゃんってものもあるので、要チェック!要要要チェック!!!

いろんないつだったか、前の「たかじんのなんでもいって委員会」で、三宅先生がおっしゃっていました。よく覚えていなくて誤解してたらごめんなさい。無農薬関係のゲストが来た時、無農薬野菜は高い、需要に合ってない、国が定めてることだから農薬についてそう神経質にならなくていいって。煽るなってことかな。宮崎さんも1000円の白菜が買えるのかって言ってらっしゃいました。

そういう考えも確かに需要と供給ということを考えれば、ある。でも、ごめん、主婦として母親として言わしてもらえば、味が違うんだよ。G生協のは、胡瓜が濃くて美味しい。アスパラが美味しい。ニンジンが昔のニンジンくさい味。ジャガイモに至っては、無農薬で作る皮つき小じゃがの肉じゃががなんと美味しいことか。皮つきジャガイモって味が濃くて美味しいんだよ。皮と身の間の栄養もとれる。キャベツも白菜も芯まで美味しい。味の薄い野菜でなく、濃くて美味しい野菜を子供たちに食べさせてやりたい。豚肉も市販のものとG生協のものは味が違う。肉の脂肪の塊のところの香りが違う(脂肪に餌の良しあしがでるそうです)。私は、G生協の豚肉の香りの良さにカルチャーショックをうけ会員になりました。次の日に残った豚肉のにおいをかいでごらんなさい。市販の豚肉は、私的には…臭いです。

ふうう~、長くなったので、続きは次回に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)