« かんぽのお宿~~~ | トップページ | クローン牛 »

2009年2月 9日 (月)

大企業って~~~

日経より

日ハムやハウス食品など食品大手が「食の安全」支援事業を強化する。自社で培った成分分析や菌検査のノウハウを活用し、中小メーカーや外食店向けに食中毒菌の検査キット販売や残留農薬の検出サービスを提供する。独自の検査技術を持たない中小向け支援事業を新たな収益源に育てるとともに、安全性確保に向けた取り組みを中小にも広げることで、食に対する消費者の信頼を回復したい意向がある。

日本ハムは、今春、サルモネラなど食中毒菌の有無が分かる簡易型の検査試薬を発売する。従来は三日間ほど必要だった検査が15分で済み、食品工場では出荷前に安全性を判断しやすくなる。O157のような出血性大腸菌を迅速に検出できる試薬は世界初という。特に中毒症状の重い5種類に菌用に、1回あたり500~700円で給食業者や外食チェーンの加工工場に売り込む。

ハウス食品は、4月から西日本で成分分析や工場監査の受託サービスを始める。カレーに使う輸入香辛料の分析で培った技術を生かし、350種類の残留農薬や放射線照射の有無を調べる。異物混入の検査では、虫の育成状況などを調べることで混入した場所を特定し、工場の作業見直しまで指導する。従来は首都圏だけで同サービスを展開していた。

ニチレイと日清製粉グループ本社は、今後、中国で食品の検査受託サービスを手掛ける方針だ。両社は2005年11月に中国で検査会社を折半出資で設立。現在は両社製品の原料のみを対象に検査を行っている。対日輸出を手掛ける現地企業からの受託を想定している。

業務用食品の卸製造大手トーホーは、10日からアレルギー成分の有無や原料の産地が分かる情報サービスを始める。食品メーカー約160社が協力し、214項目の成分や産地情報を食材ごとに集め、外食店が簡単に検索できるようにする。残留農薬や添加物の検査受託も本格的に始める。

食品業界では、昨年来、中国製冷凍ギョーザ事件など製品の安全性を揺るがす不祥事が相次いでいる。ただ、中小メーカーや外食店などではコストや技術不足から独自に検査することが難しく、対応が課題となっている。

昨今、世間でエラい騒がれて(当り前じゃ)食品の安全性に対する消費者の不信感が増し、ヒシヒシと危機感を感じたから本腰を入れたんだろうけど。食品の安全性というより、そのことによる消費の落ち込みを心配してのことなんだろうけど。(騒がれれる前からやっとかんかい)泥縄式と受け取れもするけれど…。でも、決して悪いことじゃないし、むしろどんどんやってくれっ、こんなことがラクラクとできちゃう、さすが大手企業って凄いなぁと今回思った。

安価な食中毒菌検査キットや残留農薬、放射能照射、異物混入の有無を調べ監査するサービス、原料の産地情報やら。自分たちのところだけでなく、中小企業に向けての支援事業として展開していくっていうのは、販売業者だけでなく消費者の、食の安全性への意識を高めるためにもどんどん行ってほしい。収益源、多いに結構。大企業の本領発揮。

私が利用しているG生協にも、商品生産・製造認証システムってのがあって、農産物はもちろん工場製品にも追跡調査(なんていったけ、横文字で…トレーサビリティか)を含む監査システムを作り上げた。

その以前から、独自で残留農薬とか放射能検査やら周期的な工場立ち入り検査とかやっていたと思うけど(定かじゃないけど)。でも、G生協も、業者の産地偽装とかは防ぎようがなかったよな。それでも、G生協の食の安全に対する意識は係わる産地・メーカー・生協・利用者それぞれ凄く高かったと思う。今も高いよ、一般企業が動き出す前から実践していたし、それ以上に独自で認証システムなんてのも作り上げたんだから。

ただ、G生協規模が独自で監査まで行うのは、労力も経費も時間もうんとかかる…。

で今、このシステム、きっちり機動してるのかいな。縮小短縮して、あって無きが如しに陥ってるんじゃないだろうね?

だって、去年の夏に起きた山口のアンコウ産地偽証事件。

…エツヒロは商品仕様書には「山口県産」と記載して、G生協の確認にも、「仕様書どおりである」と応答していたと。…G生協は、供給する商品の原料を厳密に確認するために、取引先・製造メーカーに対し、原料の内容を正確に把握し、商品仕様書に記載し、提出することを求めている。…が、エツヒロは、03年に初めて提出した商品仕様書に「山口県産アンコウ」と記載し、04年秋以降に「中国産アンコウ」を使用した段階でも事前に原料を変更する相談を行っていなかったし、07年10月に実施した商品仕様書の点検の際に、「商品仕様書(山口県産アンコウ)どおり」と回答し、さらに、08年2月に実施した07年度の商品点検の際にも、「商品仕様書(山口県産アンコウ)どおり」と回答し、「中国産アンコウ」を原料に使用していることを隠していた。
G生協は、全ての商品の仕様を商品仕様書で確認・管理し、商品生産・製造認証システムにより、年1回商品仕様書どおりに製造されていることを確認している。しかし、今回の原料産地の偽装が判明したので、08年8月1日に、全てのお取引先に、あらためて、全ての商品が商品仕様書どおりに製造されていることの点検・確認を行い、報告いただくようにお願いした。また、エツヒロが、G生協の点検・確認に対しても、嘘の回答を届けていたことを踏まえて、順次、G生協から立ち入り調査を行う。まず、水産加工品の商品(369アイテム、87工場)の立ち入り調査を開始する。
G生協は、これからも「安心・安全な食べもの」をお届けできるように、商品の管理を徹底していきたい。

書類はきちんとしていたから信じてた。書類だけの点検になってる。

さすがのG生協でもこれが食の安全性点検の限界なのかしら。

定期的に立ち入り調査まできっちりしていたら、本来の仕事に支障をきたすだろうのはわかるしなぁ。後は、ポッと出でない長い付き合いの産地・メーカーとの信頼関係しか。

そう考えると、大企業の能力って良くも悪くもすごく高い、かもしれない。利益につながるところでの限定された「食の安全」であっても、決定したらスイスイこなしていける能力がある。ぜひ、良い方の力でもって、企業利益ももちろん視野に入れて、消費者の立場も慮って食の安全に邁進していってください。案外、利益がからんだ方がより真剣に為らざるを得ないかもなんて考えちゃう。

大企業が持てる力を中小企業支援のために使っていくことは、きっとお互いの将来のためにいいから。もちろん私たち消費者のためにも。

(ああ~~、私って、今、G生協への不信感があるのかしら。商品は良心的で高品質なのは疑っていないのだけど。)

|

« かんぽのお宿~~~ | トップページ | クローン牛 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

食の安全は気になるところ。自給自足が一番なのだろうが無理やし。自分の周りで手さぐりで選んでいくしかないね。
G生協は、おいしいし経済的に利用量は減ってるけど止めたくなく続けています。

投稿: かりんとう | 2009年2月11日 (水) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大企業って~~~:

« かんぽのお宿~~~ | トップページ | クローン牛 »