« 失言三連発 | トップページ | 日田 豆田町 »

2008年10月 1日 (水)

生協

生協

先日、久しぶりに生協で活動している友だちとランチした。バリバリの活動主婦の彼女と私と、私同様生協活動から離れた友だちと3人で。子どもの教育費のことやら不景気のことやら話はつきず(話題が暗かったにもかかわらず)とても楽しかった。そのついでではないが、生協の話題ももちろん出た。

組合員活動から離れると生協商品の利用が落ちる。

前に書いたが、お客さん組合員が増えると生協の「安心」「安全」は市場の価格と競争しなければならなくなる。「安心」を買うか安さを買うか。産直や「安心」や国産という言葉は市場にも溢れ、知識がない私たち消費者はその言葉だけで安心して選んでしまう。G生協の「安心」「安全」な農産物と市場の農産物の違いってどんなものなのか、組合員に啓蒙し続けていかなくてはG生協の利用って伸びていかないだろうな、この不景気真っ只中の日本では。

組合員活動をしていると、G生協の「安心」「安全」な商品についての情報はあるし、添加物や遺伝子組換えや環境ホルモンの怖さやら産直の良さやら啓蒙されるので利用は増える。でも、活動から離れたり商品を買うだけの組合員だったりすると情報が届かないから市場のいろんなものも手にとってみるようになるのね。だって無農薬と農薬使用の野菜の違いなんて情報を頭に入れない限り見えないものね。

拡大路線をとって、たくさんの組合員を増やしているG生協。新規組合員の利用と活動に参加しないお客さん組合員の利用はどう増やすのかね。でも、そんなこと盛り込み済みで動いていると思います。トップはもちろん賢いおえら方ですものね。

G生協はこだわりの農畜産物を提供する。G生協の農畜産物はある意味特殊だ、てかクオリティが高い。野菜でいえば、日本の農薬基準を遵守し、その上で出来れば減・無農薬。野菜においては発がん性、環境ホルモンの疑いのある農薬不使用、除草剤不使用。G生協の野菜生産者は素晴らしい考え方と農業技術を持っていると思う。でも、そんなこだわった生産も提供も生協という性質の小さな組織だから出来ることではなかろうか。

今の日本の農業の危機的状況を打破するためには日本という国全体で農業の保護政策を講じなければ解決しない。日本全体で国産にこだわる。

…前に、日本の農薬基準を遵守していれば大丈夫、あおるなとたかじん委員会で三宅さんが言っていたことに、でも無・減農薬農産物は栄養も違うし美味しいし、子どもたちには「安心」「安全」を食べさせたいと書いた。今でもそう思ってはいるけど、日本の農業全体を考えたら、とにかく遵守している農産物であれば良しとし、農業従事者とか農地への助成とか農業保護政策を至急やっていくべきなんじゃなかろうかと思えてきた。G生協の生産物や商品のクオリティは生協という閉ざされた内部だけの売買だから守られてきたってこともある。

日本の供給を賄うこと、自給率を上げることを考えたら日本全体で特殊な理念にこだわっていくことは不可能でしょうね。

G生協は存在意義があるし、素晴らしい理念と素晴らしい生産者を持っている。組織の外側に向けて広がっていったらとても理想だと思う。

でも、理想は理想であり、現実問題は理想を打ち消すほど深刻だ。国という単位の中で日本人全体の問題として日本の農業と全部の生産者が生き残れるような広い解決が必要だろうな。

G生協は生協で理念に則っていけばいい。でも、生協でだけであれやこれやこだわっていてもそのこだわりを発信していく発信力がないとどこにも響かない。G生協は信ずるところを歩いて行けばいいけど、日本の農業のためには、私はもっと広く緩やかにものごとを見ていかんばいけんじゃないのか、と。

でも、私は、やっぱり、G生協商品と生協のこだわりを愛しています。

にも係わらず、利用は落ちている。最低限これだけは!というもの以外市場を利用するようになってきた。最低限これだけはっていう商品は「調味料」「豚肉」「鶏肉」「野菜」…えっ!これだけ??? 調味料は添加物入ってないし、値段の割には本当の味がするから。味噌美味しいし、だし美味しいし、醤油美味しいし、お酢美味しいし、砂糖美味しいし、塩美味しいし…美味しいし…。豚肉は香りがよくて美味しくて生協のカルチャーショックだったから今も外せない。鶏肉も市場のは臭くて食べられない。野菜は時々JAに行ったりするからもしかしたらもう時間の問題かもしれない。もともと魚は魚屋さんで近海ものを買っていた。牛肉はお高いので市場でもめったに買ったことない。リサイクルトレペやティッシュボックスは活動辞めて市場価格に負けた。卵も市場で良いものを見つけた。牛乳もビンが不便で止めた。酪農生産者がどんなに大変かわかっているが、活動辞めて生産者が遠くなり、高価格や不便さが止めた原因になった。やっぱり利用は確実に落ちる。

新規さんやお客さん組合員の利用を促進すること、活動辞めた組合員の利用を落とさないような対策を講じること、必要なんではないかい。

|

« 失言三連発 | トップページ | 日田 豆田町 »

生協」カテゴリの記事

コメント

食について考えるようになりました。忙しくて活字を追う本は読む気になれない私が手にしたのは何だと思う。yukiyさんの影響ですね「おいしんぼ」はい、マンガの本だよ。旦那の部屋に山積みされているの。うんうん、やはり手作りって絶対おいしいよね。素材選びも重要。それ考えたらG生協はやめられません。

投稿: かりん島 | 2008年10月 1日 (水) 22時23分

なんか、選択できるこの環境はいいと思いました。渦中の時は選択の観念はなかったよ。絶対生協だったもの。生協の良さを認めながら、市場も選択できる、がいい。
辞めたらいろんな考え方が胸に落ちるようになってきたよ。良かった!!! 

ところで…おいしんぼの知識はあなどれませんぜ、奥さん!!!( ´艸`)プププ

投稿: yukiy | 2008年10月 2日 (木) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生協:

« 失言三連発 | トップページ | 日田 豆田町 »